月別アーカイブ: 2018年6月

「中古車買い取り業者が査定にあたって重視する点」とは

Free-Photos / Pixabay

「中古車査定の重視点」

ちゅうこ車買い取り業者が査定にあたって重視する点は、走行距離、年式、排気量、次の車検までの期間が該当します。

他には、ボディの傷の有無ですとか、車内状態なども重視しますね。

意外と盲点なのが、時期や時節です。

新車種の発売前やモデルチェンジ前などには普段より高く買い取ってくれるそうです。

こうした時期に一括査定を依頼して複数の業者に査定額を出して貰い、査定前から、車の洗浄や車内の清掃などで綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。

これらが満足度の高い売却への近道ですね。

近年における車買取の流れといえば、WEB上の一括査定サイトを利用して買取業者を選定し、それから現物の査定を依頼するというのが普通の流れだといえるでしょう。

一括査定までは半ば機械的な流れとも言えますが、現物査定となれば対面でのやりとりになるので、交渉によって買い取り額を釣り上げられる場合もあるのです。余裕があれば、複数の業者の現物査定を受けた上で、価格交渉を行うのも有効でしょう。事故車などのようにいわゆる「理由あり」の車を買い取りに出していいものかどうか考えることもあるものです。

下取りの意義

次に買うのが新車だと分かっているのであればディーラーへ新車購入の相談と同時に下取りについて聴く方が一番確実に行なえるでしょう。

車買取業者に持ち込んだ場合、普通の買い取りと共通で、価格は、年式や距離や部品状況により決められ、ここに差が生じます。現行の型で、なおかつ部品が全て純正品である場合は割合高値で買い取られることが多いです。

家族で話し合い所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。車買取専門店を探したもののどの買取専門店を選べばいいのか判断がつかず、ネットで探し、家から近い場所にあったおみせに査定をお願いし立という理由です。買取をお願いした車ですが、私がよく乗っていた紺色の軽自動車で初年度登録から10年以上経過したものでした。

なので本当に買い取ってもらえるのかどうか、不安が大聞かったです。しかし、ランチを楽しめるくらいのお金が手に入ったので、良かっ立と思っています。

買い取りに出す車に傷がある場合、査定ではマイナスになる場合がほとんどです。ですが、だからと言ってその傷を修復して買い取りに出すのも決してお薦めはできません。

ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用の方が高くつくくらいですし、自分で頑張って修復したりすると却って査定額が下がってしまうケースは容易に想像できます。下手に修復を試みるのではなく、現状をそのまま見てもらうのが結局一番良いでしょう。

自動車税に注意

中古車買取業者に車を買い取ってもらう時、自動車税にも注意しましょう。

もう支払ってしまった自動車税は月々返ってくるはずですが、買取価格にあらかじめ算入されていることもあります。

複数の買い取り業者の間でくらべてみた時に査定が高値だと思っていたのに、本当は安い値段だっ立ということになることもあるので、自動車の税金の対処の仕方は重視すべきです。

車を買い取りに出す場合、あまりに古く動かない車であっても値段が付くことがあるのかは気になりますよね。

古くなって動かない車でも、国産車ならパーツだけでも高品質・高性能であることが多く、その点で価値が認められることが多いため、額は低いですが、買い取りってもらえることはあります。不動車専門で買い取りを行っている業者もありますので、いろんな業者を当たって探してみましょう。車を売る場合、必要なものは車検証は持ちろん、保険料納付書や車庫証明がそうですね。車両のマニュアルがあれば、多少、査定結果が上がると思います。

車庫証明に気を付けろ!

思いの外、入手に手間取る書類が車庫証明なんですよね。

ですから、後で急いで用意するようなことが無いように、早めに行動した方が良いでしょう。

車を買い取りに出したけれど、値段がつかなかった、そんな時でも廃車として受け渡すことはできます。この時には直接、買い取り業者が引き取りに応じる時と、廃車の買取専門業者へ受け渡す場合があるでしょう。

ナンバーの返納を代わりに行ってくれたり、廃車にかかる手数料を負けてくれる業者も多くあります。自動車税や自賠責保険料などの返納の手つづきも必要ですから、事前に何の書類が必要で費用はどのくらいなのか調べておきましょう。その時までに乗っていた車を買取に出した後、次の自動車を待っている間、時間がかかってしまうこともあるものです。

買い取り業者の中でも、代車を貸すところも増加しているようです。

査定と同時にあらかじめ話をすると車を引き渡した後も代車をすぐに借りれるでしょう。

その他、代車を貸し出すシステムのあるディーラーが増えてきていますから、そちらにも話してみてください。

家の駐車場を貸すのも手段

ところで、「自宅駐車場を貸しだしてお金にかえる」これ知ってます?

いまは自宅駐車場とか、あまってる駐車スペースを貸すサービスがあります。

観光地とかスタジアムとかじゃなくても、住宅街だって需要があるんです!

なので、一度検討してみてください。

その参考になりそうなサイトを紹介しますね。

家の駐車場 貸す